守り髪シャンプー成分

守り髪シャンプーの成分解析!

守り髪シャンプーの成分解析!ここだけの情報満載!

守り髪のシャンプーにはどのような成分が含まれているのでしょうか?

 

シャンプーを購入する前にどんなシャンプーかを把握しておくことはとても大切です。

 

「購入後に成分を見たらよくわからない物が入ってた・・・」

 

せっかく買ったのにこんな気持ちになりたくないですよね。

 

なので購入前にしっかりシャンプーの成分について調べておきましょう!

 

ここではシャンプーの成分一覧から気になる成分をしっかり調べた結果をお伝えします!

 

良い成分も悪い成分もしっかり解説します!

 

買って後悔のないよう最後までちゃんと読んでください!

守り髪シャンプーの成分一覧!

では早速守り髪シャンプーの成分一覧を見ていきましょう!

守り髪シャンプーの成分一覧


水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、BG、ココイルグルタミン酸TEA、ココアンホ酢酸Na、セラミド2、セラミド3、セラミド6U、γ-ドコサラクトン、クオタニウム-18、クオタニウム-33、ベヘントリモニウムクロリド、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解シルク、加水分解コラーゲン、メドウフォーム-δ-ラクトン、アルガニアスピノサ核油、サピンヅストリホリアツス果実エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl、ポリクオタニウム-10、アラントイン、グリチルリチン酸2K、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、クララ根エキス、トウキンセンカ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、フィトステロールズ、トコフェロール、シア脂、コレステロール、ラウロイルメチルアラニンNa、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン、プロパンジオール、ペンチレングリコール、エタノール、PG、塩化Na、ペンテト酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

こうして並んでいてもちょっと分かりにくいですね。

 

なので気になった成分をピックアップして解説していきます!

 

@オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
こちらはヤシ油などから作られる洗浄成分です。天然由来の成分なのに泡立ちも良くスッキリと洗うことができるのが特徴とされています。一方で比較的洗浄力の高い成分なので危険視している人も多い成分ですね。しかし守り髪はアミノ酸系のシャンプーであり、この成分を薄めて使うことで洗いあがりの爽快感を生み出し、刺激を最小限に止めるよう配合されています。

 

AコカミドDEA
こちらもヤシ油から作られる泡立ちを良くする成分です。洗浄力はほとんどなく皮膚を保護する効果があります。しかし一方で発がん成分だという声もよく見られますが、これは「コカミドDEAを長期間マウスに飲ませた場合発がんした」という実験結果が拡大解釈されたことが原因です。日常的にシャンプーを飲むことは基本的にありえないので、発がん性については危険視する必要はないでしょう。

 

Bセラミド2、セラミド3、セラミド6U
セラミドはもはや美容には必須の成分として有名になってきましたね。セラミドは髪や肌に多く含まれる成分で、これが少なくなると髪に異変が現れます。守り髪は美容成分もたっぷり配合されています。セラミドにより髪が内側から元気になっていきます。

 

C加水分解ケラチン(羊毛)
ケラチンは髪や爪に含まれるたんぱく質で、これが多いほど硬度が増します。なので爪などには多く含まれ、ハリやコシのある髪にも多く含まれています。さらに髪のボリュームアップ効果もあるので守り髪には必須の成分ですね。羊毛から取られることが多い成分なので、こちらの成分表にも(羊毛)とあります。

 

D加水分解シルク
シルクが配合されるシャンプーなどは近年よく見られるようになりましたね。こちらも髪のツヤやハリなどに大切な成分です。これによりノンシリコンでもサラサラの指通りが実現されます。シルクで強い髪になることで切れ毛やボリューム不足の解決にもなりますね。

 

Eエタノール、フェノキシエタノール
アルコール系のシャンプーは刺激が強いと言われているので、アルコールと聞くと嫌なイメージが大きいですね。しかし守り髪はアミノ酸系であり、このアルコールはシャンプーの安定剤として使用されています。アルコール洗浄成分として使われる場合は刺激が強いのがアルコール系の成分ですが、成分表のかなり下位に記載されているように量も非常に少ないので心配する程ではないでしょう。ただしアルコールアレルギーの人は使用しない方が良いでしょう。

 

守り髪シャンプーの成分で気になったのはこのあたりでしょうか。

 

守り髪はノンシリコンシャンプーですが「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」という一般的に洗浄成分が高いと言われる成分も入っています。

 

確かに「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」を主な洗浄成分として使用したアルコール系のシャンプーは、洗浄力が強いので肌が敏感な人などは刺激を感じることがあります。

 

しかし守り髪はアミノ酸系のシャンプーであり、「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」のメリットを最大限生かし、デメリットを最小限に抑えるよう配合されています。

 

さらに「セラミド」や「ケラチン」「シルク」など髪を守る成分もしっかり配合されているので、髪が「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」によって傷む可能性は低いと考えられます。

 

なので髪のパサつきなどダメージが原因となる悩みには非常に効果的なシャンプーですね!

守り髪シャンプーの成分解析結果!

今回は守り髪シャンプーの成分を詳しく見ていきましたが

 

「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」など洗浄力の高い成分も含まれているが非常に優れたシャンプー

 

だと分かりました!

 

守り髪は「髪のベースメイクシャンプー」をテーマとしており、老化した髪を元気にすることを目的としたシャンプーです。

 

「セラミド」や「ケラチン」「シルク」などの成分を髪に浸透させ髪を内側からキレイにします。

 

ノンシリコンシャンプーの泡立ちの悪さを「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」「コカミドDEA」などヤシ油の成分で改善し、毎日ストレスなく使用することができます。

 

洗浄力の高い「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」の刺激を抑え、メリットを最大限に生かしているシャンプーです。

 

私も肌が弱いのですが、守り髪を使っていて肌にトラブルが起きたことはないのでこれらの成分が悪いとは思っていません。

 

そもそも本当に害のある成分だったら発売できませんよね(笑)

 

しかし「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」が洗浄料の高い成分であることは間違いありません。

 

いくらアミノ酸系のシャンプーだから刺激は心配するほどでもない、と言っても抵抗のある人はいると思います。

 

なので「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」に抵抗のある人にはあまりオススメできないのかもしれませんね。

 

しかし私と同じように「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」の危険性よりも守り髪のメリットに注目している人には自信を持ってオススメできます!

 

あなたがもし髪について本気で悩んでいるのであれば、守り髪はその悩みを解決してくれると信じています。

 

守り髪の購入は下のボタンから公式サイトへ行くことで可能です!

 

こちらからあなたもキレイで元気な髪を手に入れてください!

守り髪シャンプーの成分解析!ここだけの情報満載!